ペンタゴンチャート

フィボナッチとは

以前の記事で黄金比の事を書きましたが、FX等トレードをする人にとっては、フィボナッチという言葉の方が馴染み深いと思います。

フィボナッチについても調べたので、まとめておきたいと思います。

まず、フィボナッチ数列というのは、

0, 1, 1, 2, 3, 5, 8, 13, 21, 34, 55, 89, 144, 233, 377, 610, 987・・・

という数字の並びの事で、これは隣り合う数字を足して順々に右側に書いていったものです。
1+1=2、1+2=3、2+3=5、3+5=8、、という具合。

ちなみにフィボナッチとは、ボナッチの息子という意味だそうで、研究していた数学者のお父さんがボナッチさんなのだと(?笑)


投資の世界で使うフィボナッチというのは、正確にはフィボナッチ比率(fibonacci ratio)の事で、この0, 1, 1, 2, 3, 5, 8, 13, 21, 34, 55・・という数列自体ではなくて、これの隣同士の数の比をとったものです。

そしてこの比は黄金比に収束するという性質を持ちます。

ここから最初に戻りますが
つまり、チャーティストがフィボナッチと呼んでいるのは、黄金比率という事になりますかわいい


このフィボナッチを内包したペンタゴンチャートは、GMOクリック証券【FXネオ】で利用できます。
【ペンタゴンチャートとはの最新記事】
posted by ペンタゴンチャート at 23:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | ペンタゴンチャートとは | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

MT4(メタトレーダー)でのペンタゴンチャートの書き方

ペンタゴンチャートをMT4(メタトレーダー)で書きたいと思っている為替トレーダーさんは多いと思います。

私もその内の1人なので挑戦した結果をご報告します。

利用したインジケーターはPentagonAF(⇒必要な方は下の方のリンクからお持ち帰り下さい)です。


早速ドル円日足に挿入
MT4ペンタゴンドル円1.bmp

位置を調節しようとしました
MT4ペンタゴンドル円2移動してみました.bmp
・・・え?
線はバラバラに動くようです。
しばらくすると、元の位置に戻っちゃうし。

ポンド円で綺麗な形が見えましたが
MT4ペンタゴンポンド円1.bmp
左寄せすると
MT4ペンタゴンポンド円2.bmp

豪ドル円は30分足だけで出現?もう、めちゃくちゃデス
MT4ペンタゴン豪ドル30分のみ.bmp



結果:あらかじめ言われてた様に、MT4でペンタゴンチャートを書くのは今のところ、難しいようです。なんとかなるんじゃないの〜?て思ってたけど、試してすっきりしました。全然ダメです!

また、いいインジケーター見つけたら使ってご報告します^^


これを思うと、GMOクリック証券【FXネオ】 のペンタゴンチャートツールが、神に見えました〜ぴかぴか(新しい)

GMOクリック証券

私の様な物好きさんは、MT4用インジケーター置いておきますのでお試し下さい!
ダウンロードできます→PentagonAF.ex4


ペンタゴンチャート描画に便利な
クリック証券をお持ちで無い方はこちらから口座開設をかわいい

クリック証券


posted by ペンタゴンチャート at 15:52 | Comment(1) | TrackBack(0) | ペンタゴンチャートの書き方 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

黄金比

ペンタゴンチャートは5角形をいくつもくっつけたチャートなのですが、どうして5角形なの??というところを、まず、調べてみました。

すると、黄金比というキーワードが何度もでてきたので、まずは黄金比の説明から入りたいと思います。



まずは、a>bの長方形を1つ書きます
黄金比1.bmp

その長方形に、長い方のaを一辺とした正方形をくっつける
黄金比2.bmp

そしてできた長方形に、長い方のcを一辺とした正方形をくっつける
、、これを繰り返した、縦横:横の比が黄金比となるそうです
黄金比.bmp

で、

幾何学的には黄金比は五角形の中にみることができる。五角形に対角線を引くと、その線分は互いに黄金比に分割する関係を取る。

隣り合うフィボナッチ数の比は黄金比 φ に収束する。

といったとこの関係や

あと、難しい計算はこの辺りにも書いてあって・・・
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%BB%84%E9%87%91%E6%AF%94
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%95%E3%82%A3%E3%83%9C%E3%83%8A%E3%83%83%E3%83%81%E6%95%B0


なんだか難しいのですが、つまり、黄金比は正5角形の中に沢山含まれて、黄金比はチャーティストが良く使っているフィボナッチとも深い関係で、なのでペンタゴンチャートってけっこう使えるんじゃない?って事です(端折り過ぎ?)かわいい

posted by ペンタゴンチャート at 14:02 | Comment(0) | TrackBack(0) | ペンタゴンチャートとは | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。