ペンタゴンチャート

ペンタゴンチャートの書き方(クリックFX編)

ペンタゴンチャートの書き方ですが、FX業者や証券会社のツールを利用するのが一般的と思うので、まずは私が利用しているGMOクリック証券【FXネオ】でのペンタゴンチャートの設定を説明してみます。実は私自身この設定場所が分からなくて、時間がかかり、ストレス感じました。知っていれば何でも無いことですが〜


@まず、GMOクリック証券【FXネオ】で口座開設する笑

Aログインして最初の画面で、「ツール」と書いてあるところをクリックする。
ペンタゴンチャートの書き方(1).bmp

下の方のFX取引に便利なツールに「はっちゅう君FX」があるので、指示に従ってダウンロードする。
ペンタゴンチャートの書き方(2).bmp

Bはっちゅう君FXにログインして最初の画面で、「チャートGOLD」をクリック。
ペンタゴンチャートの書き方(3).bmp

別画面でチャートが出てくるので、右上の設定を押した後に左下のペンタゴンチャートにレ点マークを付けてチャートに戻る。
ペンタゴンチャートの書き方(4).bmp

後はマウス操作のみでペンタゴンチャートが書けます。
2回目からはBのはっちゅう君FXへのログインからで大丈夫です。
ペンタゴンチャートの書き方5.bmp

その他、相関関係がひと目で分かるチャートも見れます。

まとめてチャート
クリック証券まとめて.bmp
比較チャート
クリック証券比較.bmp

クリック証券はチャートも便利ですが、私は実際に売買する口座として重宝しています。FX業者は、良い所悪いところそれぞれ個性が強いな〜と感じていて、正直ちょっとズルイんじゃない?と思う会社さんもあったので機会があればどこかで書いていきたいですが(個人的感想なので書いていいか謎)、、クリック証券は総合的にお勧めできる業者さんだと思っていますかわいい
(私は当たった事ないですが、指標などで特に値動きが激しい時はしばし固まるリスクはあるようなのでそういうタイミングでは注意してみて下さい)

クリック証券
posted by ペンタゴンチャート at 21:50 | Comment(1) | TrackBack(0) | ペンタゴンチャートの書き方 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ペンタゴンチャートとは

ペンタゴンチャートとは何ぞや?というところに、やっとたどり着きそうです。


以前の記事で、黄金比とは?、フィボナッチとは?と書いてきました。

要約すると、FXや225先物トレーダーが「フィボナッチ」と呼んでいるのは黄金比の事で、フィボナッチ数列の隣同士の比をとると、次第に黄金比に近付いてくるという性質からこう呼ばれているということでした。

そしてここからがペンタゴンチャートにつながるのですが、この、黄金比は五角形の中に多数見つけることができるというのです。五角形に対角線を引くと、その線分は互いに黄金比

1:1.61803・・・または1:0.61803・・・

に分割する関係になるようです。


具体的に見ると下図のa:bもb;cも黄金比になっています。黄金比だらけです。
(図が少々いびつなのはお許し下さい、、かわいい
ペンタゴン1.bmp
ペンタゴン2.bmp

この黄金比を含んだ5角形を通してチャートを見る事で、重要な節目や値動きの方向を解いていこうというのが、ペンタゴンチャートになります。

こうして理由を考えると、ペンタゴンチャート、結構使えるんじゃないか?と期待できるんじゃないでしょうか?

ちなみに、FXチャートでペンタゴンチャートを利用しやすいのはGMOクリック証券【FXネオ】です。




posted by ペンタゴンチャート at 16:34 | Comment(0) | TrackBack(0) | ペンタゴンチャートとは | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ペンタゴンチャート入門 - 関連本

ペンタゴンチャートで有名な人といえば川口 一晃さんなので、本で勉強するとすれば、彼のものになるかと思います。

ペンタゴンチャート入門―神秘の株価予測法

わりとそのまんまの題名です。

今のところ、ペンタゴンチャートの使い方を学ぶ方法っていうのは限られていますね。。
詳しいサイトなんかも見つけたら紹介したいと思います。


この入門書はまあまあなお値段ですが、中古本で良ければ安く買えそうですかわいい


posted by ペンタゴンチャート at 01:30 | Comment(0) | TrackBack(0) | ペンタゴンチャート教材・本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。