フィボナッチとは ペンタゴンチャート

フィボナッチとは

以前の記事で黄金比の事を書きましたが、FX等トレードをする人にとっては、フィボナッチという言葉の方が馴染み深いと思います。

フィボナッチについても調べたので、まとめておきたいと思います。

まず、フィボナッチ数列というのは、

0, 1, 1, 2, 3, 5, 8, 13, 21, 34, 55, 89, 144, 233, 377, 610, 987・・・

という数字の並びの事で、これは隣り合う数字を足して順々に右側に書いていったものです。
1+1=2、1+2=3、2+3=5、3+5=8、、という具合。

ちなみにフィボナッチとは、ボナッチの息子という意味だそうで、研究していた数学者のお父さんがボナッチさんなのだと(?笑)


投資の世界で使うフィボナッチというのは、正確にはフィボナッチ比率(fibonacci ratio)の事で、この0, 1, 1, 2, 3, 5, 8, 13, 21, 34, 55・・という数列自体ではなくて、これの隣同士の数の比をとったものです。

そしてこの比は黄金比に収束するという性質を持ちます。

ここから最初に戻りますが
つまり、チャーティストがフィボナッチと呼んでいるのは、黄金比率という事になりますかわいい


このフィボナッチを内包したペンタゴンチャートは、GMOクリック証券【FXネオ】で利用できます。
【ペンタゴンチャートとはの最新記事】
posted by ペンタゴンチャート at 23:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | ペンタゴンチャートとは | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。