黄金比 ペンタゴンチャート

黄金比

ペンタゴンチャートは5角形をいくつもくっつけたチャートなのですが、どうして5角形なの??というところを、まず、調べてみました。

すると、黄金比というキーワードが何度もでてきたので、まずは黄金比の説明から入りたいと思います。



まずは、a>bの長方形を1つ書きます
黄金比1.bmp

その長方形に、長い方のaを一辺とした正方形をくっつける
黄金比2.bmp

そしてできた長方形に、長い方のcを一辺とした正方形をくっつける
、、これを繰り返した、縦横:横の比が黄金比となるそうです
黄金比.bmp

で、

幾何学的には黄金比は五角形の中にみることができる。五角形に対角線を引くと、その線分は互いに黄金比に分割する関係を取る。

隣り合うフィボナッチ数の比は黄金比 φ に収束する。

といったとこの関係や

あと、難しい計算はこの辺りにも書いてあって・・・
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%BB%84%E9%87%91%E6%AF%94
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%95%E3%82%A3%E3%83%9C%E3%83%8A%E3%83%83%E3%83%81%E6%95%B0


なんだか難しいのですが、つまり、黄金比は正5角形の中に沢山含まれて、黄金比はチャーティストが良く使っているフィボナッチとも深い関係で、なのでペンタゴンチャートってけっこう使えるんじゃない?って事です(端折り過ぎ?)かわいい

【ペンタゴンチャートとはの最新記事】
posted by ペンタゴンチャート at 14:02 | Comment(0) | TrackBack(0) | ペンタゴンチャートとは | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/138457023
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。